着物の種類の振袖と留袖の違いと特徴を知っておきたい

未婚女性の第一礼装になっています

20代以降の大人の女性は、結婚披露宴に招待されたり、フォーマルなパーティーに出席をする機会も増えるので、着物を着用してみたい人が数多く存在しています。洋服に比べると上品で艶やかな印象ですが、和服の基本的なマナーを知っておく必要があります。振袖は未婚女性の第一礼装になっており、成人式や結婚披露宴などに着用することが多いです。花嫁が着用するタイプは、中振袖に比べると袖が長いのが特徴です。袖が長くなるほど格式が高くなるのが特徴です。正絹などの素材を使用しており、柄も華やかなので、若い人にぴったりです。現代は晩婚化が進んでいるので、30代になってからも着用する人もおられますが、一般的には20代の女性が着用することが多いです。豊富な柄やカラーが揃っており、古典柄やモダン柄の商品が販売されています。

既婚女性がフォーマルな席で着用します

黒留袖は黒一色で紋が付いており、着物の裾の部分に柄が入っているのが特徴です。鶴や花、御所車、松竹梅などの吉祥柄が入っている商品が多いです。既婚女性の第一礼装になっているため、結婚式や披露宴では、花嫁の母親や叔母、姉妹などの近親者が着用します。30代から、50代まで似合うデザインの商品が揃っており、シックで大人っぽい印象です。既婚女性の場合でも、20代や30代前半の若い人は、老けた印象を与えてしまうと感じている人も多いです。比較的若い年代の人には、上品さの中に華やかさがある色留袖がお勧めです。既婚の女性はもちろん着用できますが、未婚の女性も着用ができます。未婚の女性でも30代を超えていると、振袖を着用するのは抵抗を感じている人に高い人気があります。若い年代の人には薄いピンクなどが人気があります。

20代の若い人にも似合う着物です

20代から、40代以降の大人の女性は、和服の専門店に足を運んで着物を購入したい人が増えています。留袖は袖が短いのが特徴になっており、柄も落ち着いた雰囲気の商品が多いです。高級感のある素材を使用しているため、大人の女性によく似合います。30代の若い人と、50代以降の人では、似合うデザインが違ってくるので、じっくりと比較してから購入すると失敗が少ないです。黒い色の和服は着用する場所が限られてきますが、色留袖は準礼装になっているため、着用できる場所が多く、幅広い年代の人に人気があります。新郎新婦の姉妹として出席をする時はもちろん、親しい友人の結婚式に招待された時も着用ができます。20代、30代の女性には、上品で可愛らしい印象の柄も揃っているので、気に入った商品を見つけやすくなっています。

記事一覧